HOME > 会社案内 > 会社概要・沿革

会社案内Company

会社概要

所在地
本社工場本社工場
〒321-2332 栃木県日光市大室1960番地1
電 話 0288-26-3641 FAX 0288-26-3648

鹿沼倉庫
〒332-0002 栃木県鹿沼市千渡2-1
電 話 0289-65-5096
代表取締役
佐藤 直志
設立
昭和39年12月2日
資本金
¥26,500,000-
従業員数
120名
事業内容
金属加工業
プレス金型設計製作/プレス加工/サブアッシー
役員
代表取締役  佐藤 直志
専務取締役  木村 嘉久
取締役    大島 浩士
社外取締役  並木 正裕
監査役    廣瀬 竜也
アクセス

沿革

年度
1964
精密プレス金型の製作ならびに気象観測機器部品・マイク用部品の製造を目的として
日光市野口に資本金500万円にて設立。小型の単発プレス9台と、中古の金型加工機数台で営業開始。(代表取締役/廣瀬 高)
1967
音響機器用部品(ラジカセのブラケット)の取り扱い開始
1969
倍額増資し資本金1000万円となる。
1972
100tトランスファープレスを導入。加工が自働化され、生産能力が飛躍的に向上。
1975
500万円増資し、資本金1500万円となる。
韓国仁川に部品の加工を目的とした合弁会社韓日精工を設立。
1977
500万円増資し、資本金2000万円となる。
鹿沼工場(現鹿沼倉庫)設立。
1979
韓日精工を合弁相手に売却し、韓国事業より撤退。
代表取締役 廣瀬 高急逝の為、長男 廣瀬 晃が急遽代表取締役に就任。
1980
順送金型の製作に着手。以降、一般的な形状品の加工は順送が定番となる。
1983
650万円を増資し、資本金2650万円となる。
1984
野口工場と鹿沼工場を統合し、日光市大室(現在地)にて営業を開始(現第一プレス工場)。
金型設計の効率化の為、CADを導入。
1992
出荷倉庫、事務所棟を増設。
1996
プレス製フューエルデリバリーのリリース。主要カーメーカー様より次々と採用が決定。
以降2012年まで増加を続け、最盛期には全世界で生産される日本車の30%に当社製品が採用されるまでに成長。
2000
金型工場増設。
2005
自動受発注システム始動。ISO14001認証取得。
2006
第二プレス工場増設。順送専用工場として稼働。
2011
生産技術棟(現品質保証棟)増設。ULプレス試作機が搬入され、ステンレスの板鍛造技術開発PJを発足。
2012
ISO9001取得。国内立地推進事業費補助金を申請、採択を受ける。
2014
UL量産工場(現開発棟)の増設。ULプレスを活用したステンレス板鍛造製品の量産開始。
2015
EGRクーラー用部品の量産開始。
2020
5月末日を以て代表取締役 廣瀬 晃 退任。後任には佐藤直志が6月1日付けで就任。